車の無い車庫

基本的にメモ的なblog 1回/週以上の更新を目指す!

【NHKも印象操作?】南スーダン日報問題 事実は 「二月六日には日報はすべて公開されている。」【マスゴミ】

NHK 7月19日 18時13分
日報 公表しない考えで防衛省上層部は一致

 

破棄したとしていたPKO部隊の日報を陸上自衛隊が実際には保管していた問題で、ことし2月に防衛省事務次官陸上幕僚長など上層部が集まって日報の取り扱いについて協議し、公表する必要はないという考えで一致していたことが、防衛省関係者への取材でわかりました。

(略)

一方、防衛省関係者によりますとこの会議とは別に、同じ2月15日に防衛大臣室で、稲田大臣と黒江事務次官や岡部陸上幕僚長らが会議を開いたということです。この中では陸上自衛隊の情報公開に関して説明が行われ、稲田大臣からは、今回、情報公開請求を受けてから日報を探すまでにどのような対応をとったのかなどについて質問があったということです。

稲田防衛大臣は19日朝、陸上自衛隊が日報を保管していたことを公表しない方針を了承していたなどと一部で報じられたことについて、「隠蔽や非公表を了承した事実は全くない」と述べました。防衛省は、日報の問題をめぐる一連の経緯を明らかにするため、3月から特別防衛監察を行っていて、今月中にも報告書を出す方向で調整が進められています。

 

稲田大臣「緊急会議の事実はない」
稲田防衛大臣は19日夕方、防衛省を出る際、記者団に対し、「2月15日に断続的に国会の対応について打ち合わせをしていたのは事実だが、その中で対応を決めるための緊急会議を開催したという事実はない。また打ち合わせで陸上幕僚長が来たことはあったと思うが、陸上幕僚長から何か報告があったということはない」と述べました。そのうえで、稲田大臣は記者団が陸上自衛隊が日報のデータを保管していたことを認識していたか質問したのに対し「その点についての認識はなかった」と述べました。

(以下略)

日報 公表しない考えで防衛省上層部は一致 | NHKニュース

 


河野太郎2017年07月20日 07:58
南スーダンの日報問題

 

一昨日からの南スーダンの日報に関する報道を見ていると、ちょっとピント外れなものが多い。

自衛隊南スーダンの派遣施設隊の日報は、二月六日にはその存在が明らかになっており、機密部分が黒塗りになっているもののすべて公開されている。 繰り返すと、「二月六日には日報はすべて公開されている。」 だから二月十五日に、防衛省で開かれた会議で、日報を隠蔽することはできないし、公開するかどうかを決めることはできない。 このニュースの中で、NHKにしろ、民放にしろ、二月六日に日報がすべて公表されているということに触れていないのは、視聴者に誤解を与える。

南スーダンの日報問題

 

一連の流れ

(参考 毎日新聞 

https://mainichi.jp/articles/20170719/ddm/001/010/314000c )

 

1月
17日 岡部俊哉陸上幕僚長陸自内でのデータ保管が報告される

27日 統幕の防衛官僚が「今更陸自にあったとは言えない」と陸自に伝達。

   その後データ消去

   稲田氏が統幕のデータ発見の報告受ける

2月

6~7日 一部黒塗りで公開

15日 防衛省で会議。陸自保管の非公表方針を稲田氏了承

3月

15日 報道で陸自にもデータが保管されていたことが判明

16日 稲田氏が衆院安全保障委員会で、データ隠蔽に関して「報告されなかった」と答弁

17日 防衛監察本部が特別防衛監察を開始

 

「超日本」宣言─わが政権構想

「超日本」宣言─わが政権構想